三十路手前の失踪者

30歳間近に失踪体験をしたブログ。現在はFGO、ヴァンガードの考察がメイン。たまにグルメ系の記事も投稿します。

【採用率の高いカードを紹介】三十路手前のヴァンガード カード考察【かげろう ノヴァグラップラー編】

デッキに採用されていることが多いカード紹介!今日はかげろうとノヴァグラップラーです。

 

どうも、プロモでもいいからQ4のクランにギフト持ちグレード3を早急に追加してほしいおそざき らいちです。

 

そうしないとかげろうとかグレード3がほぼ固定してるので…

 

スポンサーリンク

採用率の高いカード紹介、今日はかげろうからやっていきます。

 

グレード3ドラゴニック・オーバーロード並びにドラゴニック・ウォーターフォウルを4枚ずつ採用されたデッキがほとんどです。

 

オバロは安定して強く、ウォーターフォウルは相手のダメージが3点のところから勝負を決めにいけるので現在のかげろうはこの2種を差し置いて採用するケースはあまり無いですね。

 

ですがウォーターフォウルは3枚に抑えてクルーエル・ドラゴンが採用されることもあります。もしくは2種8枚を採用した上でクルーエルを1枚だけ入れる人もいます。

 

かげろうはソウルが足りなくなることがあるのでクルーエルでソウルチャージをするために採用されたりしますが、パワー上昇効果を持たないのでクルーエルを入れるならクレステッド・ドラゴンを優先する人もいます。

 

そのクレステッドもトライアル版とパワー上昇値はトライアル版より低いがライドしても効果のある配布版を採用するか好みが出ますがそれでも上の2枚が圧倒的なので採用率はこちらも低めです。

 

仮にボーテックス・ドラゴンにギフトがあったとしても採用率はそんなに変わらなそう…

 

グレード2バーサーク・ドラゴンが最優先で採用されてます、その次にドラゴンナイト ネハーレンドラゴンアーマードナイトが採用率が高いです。

 

ドラゴンアーマードナイトもトライアル版と配布版で好みが出ますね。

 

基本はこの3種のみというデッキも少なくありません。がネハーレンやアーマードの採用数を調整してその枠にスピルオーバー・ドラゴンが入ることがあります。

 

かげろうのグレード2はほぼ上記のユニットばかりですね。

 

ベリコウスティドラゴンはもう少し採用率が高くなるかと思ってましたがパワー上昇は優先度の高い3種でもできるのでベリコウスティの採用は少なくなったのでしょう。

 

ストライケンも安定しないからかあまり見かけないですね…

 

思っていたより採用されているユニットが少ないグレード2ですが今度はグレード1を見ていきましょう。

 

グレード1で最優先ユニットは希望の火 エルモです。ブースト値上昇に自身を退却させることでカウンターチャージとデッキから1枚ドローができるので納得の採用率です!

 

次は鎧の化身 バーかと思います。

 

バーは退却効果に条件が揃っていればパワー上昇まで付く優秀なユニットですがかげろうはコスト運用が悩ましいクランなので採用数を落としてリザードソルジャー ラオピアの採用を優先していることもあります。

 

ラオピアは比較的軽い条件でパワー上昇できますしバーで退却を狙わなくても他のユニットで出来るからという理由でラオピアを優先されたりします。

 

ですがどちらも優秀なユニットなのでバーもラオピアも4枚ずつ採用もよく見かけます。

 

その他のユニットもブースト値が上昇するユニットを増やすためにドラゴンモンク ゴショー、ウォーターフォウルとの組み合わせが強力なドラゴニック・ガイアースの採用も見られます。

 

それにかげろうは自分の場のアドバンテージを稼ぐ手段に乏しいので前列でも後列でも仕事できるダマナンス・ドラゴンも採用率はそれなりにあります。

 

かげろうのグレード1は人によって採用しているユニットが全然違ってバリエーション豊富です!!

 

なので他のグレードとの兼ね合いや自分の戦術によって使い分けるのがいいと思います。

 

トリガーもクリティカル8、ドロー(守護者)4、ヒール4の割合が多いのですが先程も言ったようにアドバンテージを稼ぐ手段が乏しいのでクリティカルの枚数を調整してドロートリガーを少し増やしているデッキもありました。

 

スポンサーリンク

 

最後にノヴァグラップラーのカード紹介ですがノヴァは他3クランと比べても採用数のバリエーションが豊かなクランです!!

 

なのでノヴァは少し長くなります。

 

グレード3はまずパーフェクトライザーですね!アタック時に2体のリアガードをスタンドできる効果が今のノヴァグラップラーを支えているといってもいいでしょう。

 

パーフェクトライザーを入れない理由は前に私が紹介した格安デッキ構築のように非常に安価で作るときくらいだと思います。

www.osozakiraichi.com

他のグレード3ですがノヴァはけっこうバラつきます。順当に考えればアシュラ・カイザーなのですが、今のカードプールだとアシュラを活かすユニットが少ないので採用率を3枚以下、なんなら採用しないまであります。

 

アシュラ以外でギフト持ちだとバトルドアファイターがいますがコチラをアシュラよりも優先するする人も多いですね。

 

パーフェクトライザーにライド出来ない時の保険としてもアシュラより使いやすい上にパワー上昇効果はリアガードでも使えるのでグレード3の二番手として名前があがります。

 

後はギフトを持たないグレード3ですがノヴァの場合は採用されることの方が多いです。

 

マキシマムライザーはブーストなしでアタックするとパワー+10000されるのでこのカード単体でフォース持ちのグレード3相手にもヒットします。

 

また単体で22000になれるのでスタンド効果とも相性がいいので採用率は高めです。

 

しかしギフトを持たないので4枚採用のデッキはあまり見かけません。

 

たまにグレード3はパーフェクトライザー4、マキシマムライザー4のみという思いきったデッキもありますが…

 

Missスプレンダーは採用率は低いのですが「ヒーロー」を参照するユニットを多くデッキに入れる場合は採用されることもあります。

 

しかしMissなのに「ヒーロー」…?

ああ、それって今話題の女の子もヒーローになれるってやつですね!!
f:id:osozakiraichiblog:20180611193351j:image

ではグレード2を見ていきましょう。

グレード2も採用されているユニットの種類が多いですがハイパワードライザーカスタムは採用率が高いですね。

 

現在のノヴァでは唯一リアガードを増やす効果を持っている点が採用率の高い理由だと思います。

 

その次からが非常に難しくデッキによっては4枚採用していることもあれば全く採用してないデッキもあったりしました。

 

その中でも採用率が高かったのはバーストライザーですね。自身の効果でスタンドできるので更なるアタックを仕掛けられるので詰めのユニットとしては優秀です。

 

弱点は単体だとフォースのグレード3相手だとパワーが足りない点ですが、アクセルサークルに出すか後列にライザーカスタムを並べるなどで補えます。

 

しかし単体だとパワーが足りない点や使いすぎるとコストが足りなくなるなどの理由で採用が控えられることがあります。

 

パワーを重視した構築だとアイアン・キラーがよく採用されています。

 

リアガードを3体以上展開していたらパワー14000でアタックできるのでフォースのグレード3相手にもアタックが通ります。

 

発動条件も連続アタックをする時は3体以上展開していることがほとんどですので簡単にパワー上昇できるアイアン・キラーは優先されやすいです。

 

パワーの高いユニットを増やしたい人はカップボウラーも採用していました。

 

自身以外にヒーローがいればコチラもパワーも14000でアタックできます。

 

ヒーローを増やすという理由でブーメラン・スロアーが採用されていることもあります。

 

またカウンターチャージとソウルチャージができるのでカップボウラーを採用していなくてもコスト補充要員としても採用されています。

 

グレード2は採用枚数に個性が出ますがグレード1も個性が出ます。

 

その中でも採用率が高いユニットはライザーカスタムですね。先攻アタックはあまり使われませんが同列ユニットがスタンドすると自身もスタンドするのでスタンドによる連続アタックと非常に相性がいいです。

 

私はデスアーミー・ガイを推していましたがやはりガード値がないのが辛く4枚採用してないデッキも目立ちます。

 

しかし素のパワー9000のグレード1というのは汎用性が高く2~3枚は採用されていることが多いです。

 

それとは逆に素のパワーが低いので始めは評価低かったのですが対戦動画で使われているのを見たらジェットライザーの評価が上がりました!

 

他のユニットがコールされる度にパワー+3000する効果はほぼ毎ターン一回は発動できるのでパワー10000のグレード1として扱っていけます。

 

2回発動したらパワー13000になるのでこのカード単体アタックでもグレード3にアタックが通る点も見逃せません。

 

そういった点からも伺えるようにジェットライザーは採用率高めでした。

 

トランスライザーは発動コストの重さから採用は控えられがちですがブースト時のパワーは高いので採用する人も少なくないです。

 

変わったところだとロケットハンマーマンは全く採用しないデッキも多いのですがヒーローなのでカップボウラーを採用したデッキだと採用率が高くなります。

 

グレード1は一長一短なユニットが多いので採用基準が人によって違ってきますね。

 

 トリガーの方もフロントトリガーを採用するデッキが多いのですがアドバンテージが稼ぐ手段がかげろう以上に乏しいのでドロートリガーの比率も高いです。

 

クリティカルは使われないこともありますが少しは入れたいという人もいるので少数ですが採用されてます。

 

中にはヒールトリガーを捨ててでもアタックに力を注ぐ人もいます。

 

こうして見るとノヴァグラップラーはデッキ構築が幅広くてデッキレシピを考えるのが好きな人はカスタマイズしがいがありますね!!

 

というわけで2日に渡って採用率の高いカードを紹介していきました。

 

中には私が名前を出さなかったけど採用されているユニットもあったりします。

 

あくまでも私が見た中で採用率が高いユニットなので使ってみたら強かったなんてこともあるかもしれないので気に入るユニットがあったらまずはデッキに入れてみてもいいかもしれません。

 

では今回の記事はここで終わります。

お付き合い頂きありがとうございました。

 

前回の記事

www.osozakiraichi.com

 

余談なのですがアニメの三和君はMissスプレンダーにライドするんですかね?

 

原作ではしてましたがアニメだとしないかな…でも男の子がMissにライドしてもいいってプリキュアなら言ってくれると思うので次の話ではライドするシーンがあってもいいと思います!!

 

ついでにアイチがアカネにライドするシーンもお願いします!
f:id:osozakiraichiblog:20180611210347j:image


スポンサーリンク

ボビー専門店でヴァンガードのボックスやスリーブが購入できます。

 

あみあみはコチラから

 ホビーサーチはコチラから