三十路手前の失踪者

30歳間近に失踪体験をして現在はニート。FGOのプレイ日記、カードファイト‼ヴァンガードの初心者、復帰勢向けの記事がメイン。たまにグルメ系の記事も投稿します。

【スポンサーリンク】

【メガコロニー 3000~5000円の安いデッキレシピ】三十路手前のヴァンガード デッキ紹介

The Destructive Roarがついに発売!!ここからデッキを組みたい人向けのデッキレシピを紹介します。今回はメガコロニーデッキ。

 

スポンサーリンク

 

どうも、相変わらずVRの値段に困惑しているおそざき らいち(id:osozakiraichiblog)です。

 

The Destructive Roarの発売を待ち望んでいた方もいらっしゃると思います!

 

以前ヴァンガードをやっていてたちかぜ、スパイクブラザーズ、メガコロニーを使用していてこれを機にヴァンガードを復帰しようとしている人や新規でヴァンガードを初めてみようかという人に向けて比較的安いデッキを考えてみました!

 

以前結成!チームQ4が発売された時もデッキレシピを紹介してきましたが今回はThe Destructive Roarのカードでデッキを考えていきます。

 

以前の記事はこちら

www.osozakiraichi.com

 

今回はその第1回、メガコロニーデッキを安く製作できるデッキレシピを紹介していきます!!

 

では前置きが長くなってきたのでデッキレシピ紹介に移ります。

 

3000円以内で作れるメガコロニーデッキレシピ

G3

RR デスワーデン・アントリオン×4

C 強毒怪人 ヘルデマイズ×4

G2

R ウォーター・ギャング×4

R ブラッディ・ヘラクレス×4

C バーナー・アント×2

G1

R スパイトフル・ホッパー×4

R ファントム・ブラック×4

C  小隊長バタフライ・オフィサー×3

R 虚妄怪人 ダズルモズル×2(守護者)

G0

C ジョーキュラー・シカーダ×2

C マシニング・ワーカーアント×1(FV)

 

C シェルタービートル×3(☆)

C シャープネル・スコルピオ×3(☆)

C 幼生怪人 ラバドルフ×4(引)

RR パラライズ・マドンナ×2(引/守護者)

C 治癒戦闘員 ランプリ×4(治)

 

価格計算

RRはデスワーデン・アントリオンが1枚 150円

パラライズ・マドンナが1枚 500円

Rは一律50円 Cは一律20で計算。

合計価格は2940円になりました!!

 

注意

※実際の販売価格ではなくカード販売店の価格を参考につけた仮想の価格です。

※カードの価格は店舗ごとに異なります。

※カードの価格は需要の増加、在庫状況などで同店舗であっても常に変動します。

 

コンセプトは手札をパワーに変換して攻めるです!!

このデッキでは手札をコストにパワーを得るカードを切り札にして戦っていきます。

 

それがデスワーデン・アントリオンとファントム・ブラックの2枚。
f:id:osozakiraichiblog:20180629184401j:image
f:id:osozakiraichiblog:20180629184421j:image
このデッキはデスワーデン・アントリオンの効果+ファントム・ブラックのブーストを積極的に狙っていきます!

 

このコンボが決まるとパワー38000+クリティカル2のアタック、相手は守護者、ノーマルユニットではガードできないという恐ろしいアタックができます!!

 

これはパワー13000の相手に30000のガード要求をします。

 

一番ガード値の高いヒールトリガーでも20000。クリティカルやフロントトリガーでも15000の値しかないので少なくともこれらが2枚以上手札にないと防げません。

 

更にドライブチェックでトリガーが捲れた時のことを考えてたら45000~60000のガード値を出さなければなりません。

 

一度のアタックでこれほどのガード値を要求できればこれを防がれても次のアタックのガードは困難です。

これをファイト中に1~2回決めて勝利を掴みとるのがこのデッキの戦術になります。

 

こちらは手札コストとは違いますがジョーキュラー・シカーダはアタック後に退却してしまう使い捨てユニットですが高いパワーでアタックできます。
f:id:osozakiraichiblog:20180629191916j:image

グレード0なので採用は控えたいところですが高レアリティのユニットが少ないこのデッキでは高パワーアタッカーが不足しがちなので採用しました。

 

それにグレード3の枠で採用した強毒怪人 ヘルデマイズとの相性がいいのでこちらのコンボも狙っていきましょう。

 

ジョーキュラー・シカーダは登場時レスト状態になってしまいますがヘルデマイズの登場時効果でレストしている自分のユニットをスタンドさせることができるので高パワーアタックが1ターン早く使えます。

 

そして小隊長 バタフライ・オフィサーも加えたらテクニカルな動きができます。
f:id:osozakiraichiblog:20180629192830j:image

  1. シカーダを後列にコール
  2. ヘルデマイズをシカーダの前にコールしてシカーダをスタンド
  3. オフィサーをコールしてヘルデマイズのパワーを+10000
  4. シカーダのブーストを加えパワー28000のヘルデマイズでアタック
  5. アタック後ヘルデマイズをソウルへ
  6. シカーダを前列に移動してバトル
  7. アントリオンの手札コストの他に必要なグレード3のソウルが確保できたのでアントリオンの効果+高パワーのシカーダでアタック!

上手く決まればこのようなファイトを進行することができます。

 

このコンボを実現させるためにドロートリガー6枚体制にして展開するリアガードや手札コストの確保を狙います。

できることならパラライズ・マドンナを4枚入れてドロートリガー8枚体制にしてもいいのですが予算面の問題で断念しました。

 

ダメージ数を稼げるのでクリティカル多めの方がよさそうですがアントリオンがクリティカルを増やせるのとその発動コストで手札を要求するのでドロー多めがいいかと思います。

 

他の手札を増やす手段としてウォーター・ギャングを4枚採用しています。発動はスタンド時ということでタイムラグがありますが貴重な手札補充効果なので優先的に採用しました。

 

格安デッキの割には高パワー+テクニカルな動きができるのですが弱点もいくつかあります。

 

まずはヘルデマイズがギフトマーカーを持っていない+ヴァンガードでは効果がないのでヘルデマイズにしかライド後、アントリオンにライド出来ないと何も出来ません。

(アントリオンの効果発動のコストには出来るのでライド自体は全く無駄にはならない)

 

またアントリオンも手札コストの他にグレード3のソウルが必要な関係で効果発動にはアントリオンに再ライドするかバタフライ・オフィサーの効果でグレード3のユニットをソウルに入れないと効果が使えないユニットになってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

5000円以内で作れるメガコロニーデッキレシピ

ではその弱点を改善したいと思ったら他のグレード3のユニットが必要になります。

 

とはいえ初動の相場だとマシニング・スパークヘラクレスは1枚約3000円もします!!

 

ヴァンガードを初めて間もない人がカード1枚に3000円を出すのは大変ですし4枚揃えるとなると迂闊に手が出せません。

 

なのでスパークヘラクレスを購入するのは後回しにして先にマシニング・スターグビートルを投入しましょう。
f:id:osozakiraichiblog:20180629200632j:image

G3

RRR マシニング・スターグビートル×2

RR デスワーデン・アントリオン×4

C 強毒怪人ヘルデマイズ×4

 

G2

R ウォーター・ギャング×4

R ブラッディ・ヘラクレス×4

C バーナー・アント×2

 

G1

RR マシニング・ホーネット×2

R スパイトフル・ホッパー×2

R ファントム・ブラック×4

C 小隊長 バタフライ・オフィサー×3

R 虚妄怪人 ダズルモズル×2(守護者)

 

G0

C マシニング・ワーカーアント×1(FV)

 

C シェルタービートル×3(☆)

C シャープネル・スコルピオ×3(☆)

C 幼生怪人 ラバドルフ×4(引)

RR パラライズ・マドンナ×2(引/守護者)

C 治癒戦闘員 ランプリ×4(治)

価格計算

マシニング・スターグビートルが1枚 700円

マシニング・ホーネットが1枚 300円で計算しています。

合計価格は4800円になりました!!

 
注意

※実際の販売価格ではなくカード販売店の価格を参考につけた仮想の価格です。

※カードの価格は店舗ごとに異なります。

※カードの価格は需要の増加、在庫状況などで同店舗であっても常に変動します。

 

3000円デッキからジョーキュラー・シカーダを抜いてスターグビートルを投入しました。

瞬間的なパワーはシカーダの方が上ですがグレード0を増やすよりはグレード3の枚数を10枚くらいにするほうがデッキ全体の安定感が増します。

 

予算をスターグビートルの枚数増やすだけに当てても強くなるのですがRRにオススメのカードがあるのでこちらも追加しました。
f:id:osozakiraichiblog:20180630000443j:image

マシニング・ホーネットはアタックかブーストしたアタックがヒットしたら不確定ですがグレード3のカードを手札に加えられます。

 

スターグビートルの枚数を増やすのも大事ですがこういう手札にカードを加える効果を持ったユニットも重要になるのでデッキに入れました。

 

ホーネットを採用するにあたってスパイトフル・ホッパーの枚数を減らしましたが弱いから抜いたわけではありません。
f:id:osozakiraichiblog:20180630001159j:image

ただ今のメガコロニーデッキだと活躍の場面が少ないと感じたからです。

 

登場時、ソウルブラスト①でターン中ユニット1枚のパワーを+6000する効果はたしかに強いですが、ソウルが少ない上に同時にカウンターブラストを回復される効果についてもこのデッキだとあまり活かすことはできませわん。

 

スパイトフル・ホッパーはマシニング・スパークヘラクレスと相性がいいユニットだと思います。

 

スパークヘラクレスは毎ターン起動効果を使っていきたいのでカウンターブラストが枯渇しやすいです。そんな時役に立つのがホッパーの効果です。

 

またホッパーのコストもスパークヘラクレスの効果で補える点も相性がいいです。

 

逆に考えるとスパークヘラクレスがないとカウンターブラストをあまり使わない+ソウルを増やす手段も少ないデッキだとそこまで活躍しません。

とはいえパワー上昇効果は強いことには違いないですし、元々のパワーが8000なところを考えたら悪くないです。

 

なのでここから更にカードを買い足してスパークヘラクレスを加えるならホッパーの枚数を増やしてもいいと思います。

 

それとマシニング・マンティスは初動価格1枚1000円くらいとそこそこ値は張りますがグレード3を加える手段としてはホーネット以上なので手に入ったら即デッキに加えましょう。
f:id:osozakiraichiblog:20180630071810j:image

ここから更に改善したいのは

  1. スターグビートルの数を増やす。
  2. マシニング・ホーネットやパラライズ・マドンナを4枚揃えてデッキ全体の安定感を高める。
  3. マシニング・マンティスやマシニング・スパークヘラクレスをデッキに加える。

 

主にこの3点です。1と2は優先順を逆にしてもいいです。マシニング・マンティスやマシニング・スパークヘラクレスは高額カードなのでメガコロニーデッキを試してみて気に入ったら購入を検討するといいでしょう。

 

値段が高い分強力なのでデッキに加えたらパワーアップできます!!

 

これでメガコロニーデッキレシピ紹介を終了します。メガコロニーはポテンシャルが高いためかThe Destructive Roar収録の他2クランよりも若干相場が高めなのでRRR以上のカードを集め難いです。

 

それでもメガコロニーのカードデザインやカードの効果が気に入ってメガコロニーを使いたいという方は上のデッキレシピを参考にしてはいかがでしょうか?

 

たちかぜやスパイクブラザーズのデッキを組みたい方は近日中に安く作れるデッキレシピを公開するのでお待ちください。

 

それでは本日はここまでお付き合いいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

Amazon

 

ホビー専門店のサイトでヴァンガードのカードやスリーブが購入できます。

キャラ&ホビー格安通販【あみあみ 】

フィギュア・プラモなど総合ホビー通販『ホビーサーチ』

【スポンサーリンク】