三十路手前の失踪者

30歳間近に失踪体験をして現在はニート。FGOのプレイ日記、カードファイト‼ヴァンガードの初心者、復帰勢向けの記事がメイン。たまにグルメ系の記事も投稿します。

【スポンサーリンク】

【たちかぜ 3000~7000円の安いデッキレシピ】三十路手前のヴァンガード デッキ紹介

The Destructive Roar安いデッキレシピ第2回目はたちかぜ!しかし、たちかぜは色々と難しいデッキ!?

 

スポンサーリンク

 

どうも、The Destructive Roar発売前はメガコロニーが人気出るかと思っていたらたちかぜ人気にビックリしているおそざき らいち(id:osozakiraichiblog)です。

 

カード価格も最初はメガコロニーが若干相場上かな?と思ってましたが今ではたちかぜのVR餓竜 ギガレックスが販売価格3000円を超える店もありますね。

相対的にマシニング・スパークヘラクレスがわずかに安くなった感じがしますがそれでも2700以上はありますが…

 

しかし全体の販売価格はVRこそ高いですがRRR以下のレアリティのカードは安くなっている店もあるのでまだ手が出しやすいと思います。

 

今回もVRを使わず安いデッキレシピを紹介していきます!

 

3000円以内で作れるたちかぜデッキレシピ

G3

R サベイジ・キング×4

C 重砲竜 シャランガステゴ×4

 

G2

RR 突撃竜 ブライトプス×3

C サベイジ・レイダー×4

C 鋭刃竜 レヴィルステゴ×4

 

G1

RR ソニックノア×3

R 翼竜 スカイプテラ×3

R 烈爪竜 ラサレイトレックス×4

R 堅塁竜 ロバストプス×4(守護者)

 

G0

C ドラゴンエッグ×1(FV)

 

C サベイジ・アグレッサー×4(☆)

C ブラックキャノン・タイガー×4(☆)

C 砲撃竜 スレッジアンキロ×4(引)

C サベイジ・シャーマン×4(治)

価格計算

RR

突撃竜ブライトプス 1枚200円

ソニックノア 1枚300円

Rは一律50円 Cは一律20で計算。

合計価格は2830円になりました!!

 

注意

※実際の販売価格ではなくカード販売店の価格を参考につけた仮想の価格です。

※カードの価格は店舗ごとに異なります。

※カードの価格は需要の増加、在庫状況などで同店舗であっても常に変動します。

 

コンセプトはシャランガステゴレヴィルステゴをパワーアップさせてアタック!!
f:id:osozakiraichiblog:20180630210136j:image
f:id:osozakiraichiblog:20180630210202j:image

シャランガステゴはマーカーを持たないグレード3ですがギガレックスやデスレックスなしで高パワーアタックを狙うなら重要な効果を持っています。

 

たちかぜは自分ユニットを退却させてパワーアップ+退却したユニットの追加効果を狙っていくのが基本戦術ですが退却させてパワーアップするユニットは軒並み高レアリティのカードばかりです。

そこで、シャランガステゴ及びレヴィルステゴには退却させてパワーアップするユニットとして活躍して貰います!

 

この2種が揃うとまとめてパワー上昇できるので上手く決まれば高レアリティカードにひけをとらないパワーアップが狙えます。

 

たちかぜにはもう一つ武装ゲージという新能力が追加されました。

 

たちかぜの基本戦術に武装ゲージのギミックが加わるとより強力になるのですが…武装ゲージを活かす効果も高レアリティのカードに集中しています。

 

このデッキにも武装ゲージを利用するカードが入っていますがそれらを活かすためにブライトプスとソニックノアをできるだけ多く採用しました!
f:id:osozakiraichiblog:20180630211324j:image
f:id:osozakiraichiblog:20180630211337j:image

ブライトプスは退却時に自身の武装ゲージから2枚まで手札に加える効果があり、ソニックノアはその武装ゲージを増やす効果があります。

 

これらを合わせると下のような動きができます。

  1. ソニックノアなどの効果でブライトプスに武装ゲージを置く
  2. シャランガステゴ及びレヴィルステゴの効果でブライトプスを退却
  3. 退却した分減ってしまったリアガードをブライトプスの武装ゲージ回収効果で補う
  4. 増えた手札を使ってリアガードを展開してアタックする

このようにパワーを上げながら武装ゲージ回収を利用して退却した分のコストを帳消し、場合によっては手札が増えるのでこの動きを狙って戦いましょう。

 

ブライトプスの武装ゲージを増やす手段としてはサベイジ・レイダーもあります。
f:id:osozakiraichiblog:20180630211403j:image

ソニックノアと違い一度しか武装ゲージを増やせませんが登場時に武装ゲージを置くことができるのでソニックノアより速く増やすことができます。

 

ラサレイトレックスは自身で武装ゲージを置くことができブライトプスのように退却時に武装ゲージのカードを回収できるのでブライトプスの代わりに退却コストとして使用できます。
f:id:osozakiraichiblog:20180630211419j:image

 

武装ゲージを活かす効果のユニットを多く採用したのでアークバードを採用するのは予算不足で断念しました。
f:id:osozakiraichiblog:20180630211458j:image

今のたちかぜは武装ゲージを活かせるユニットがないと大した動きができないのでドロートリガーの守護者を諦めてもブライトプスやソニックノアを優先しました。

 

このデッキの弱点

切り札になるシャランガステゴですがギフトマーカーがないのが足を引っ張ってしまいます。

 

効果はヴァンガードにライドしても使えますがシャランガステゴとレヴィルステゴを出来るだけ並べたいのでアクセルのサークルが欲しくなります。

 

ギフトマーカーを持っているサベイジ・キングは逆にリアガードでしか効果を使えないのでどちらのグレード3にライドしても効果を最大限活かすのが難しくなります。

 

スポンサーリンク

 

たちかぜデッキを更に強くするためには?

上記の弱点を解消するにはデスレックスを採用するしかありません!!

 (ギガレックスは高すぎるのでここでは採用しません)

 

ですがここで問題になるのがグレード1~3の採用枚数です。

 

アークバードを採用しないとグレード1の守護者しか使えないのでグレード1の枠に余裕がなくデスレックスを入れるスペースを確保できません。

 

他のグレード1~2のユニットはどれも重要な役割があるので外せませんし、デスレックスの代わりにサベイジ・キングを外してしまったらギフト持ちのユニットが増えないので本末転倒です。

 

シャランガステゴを減らしてしまうとレヴィルステゴとのパワー上昇効果の強みが減ってしまいます。

 

なので上記デッキを更に強くするならデスレックス+アークバードをまとめて購入した方がいいです!!

 

その場合だと予算5000円以内では難しいのでどうしても5000円以内で強化するならサベイジ・キングかシャランガステゴの枚数を調整してデスレックスを入れましょう。

 

もう少し予算に余裕があるなら下記デッキレシピを参考にしてください。

 

7000円以内に作れるたちかぜデッキレシピ

G3

RRR 暴君 デスレックス×4

R サベイジ・キング×3

C 重砲竜 シャランガステゴ×3

 

G2

RR 突撃竜 ブライトプス×3

C サベイジ・レイダー×4

C 鋭刃竜 レヴィルステゴ×4

 

G1

RR ソニックノア×4

R 翼竜 スカイプテラ×4

R 烈爪竜 ラサレイトレックス×4

 

G0

 

C ドラゴンエッグ×1(FV)

 

C サベイジ・アグレッサー×4(☆)

C ブラックキャノン・タイガー×4(☆)

RR アークバード×4(引/守護者)

C サベイジ・シャーマン×4(治)

価格計算

RRR

暴君 デスレックス 1枚600円

RR

アークバード 1枚400円

Rは一律50円 Cは一律20で計算。

合計価格は6830円になりました!!

 

注意

※実際の販売価格ではなくカード販売店の価格を参考につけた仮想の価格です。

※カードの価格は店舗ごとに異なります。

※カードの価格は需要の増加、在庫状況などで同店舗であっても常に変動します。

 

アークバードを採用できたので空いたスペースにデスレックスを入れました。

 

サベイジ・キングとシャランガステゴの枚数が1枚づつ減っていますがグレード3を増やしすぎるとデッキ全体のバランスが悪くなるので調整。3枚づつあれば採用枚数を減らした影響は少なくなると思います。

 
f:id:osozakiraichiblog:20180630211552j:image

デスレックスはギフト持ち、(V)/(R)どちらでも使える効果なのでサベイジ・キングとシャランガステゴの弱点を解消した使い勝手のいいユニットです。

 

また、自分ユニットを退却させる効果、武装ゲージを参照する効果とたちかぜデッキ全体の潤滑油にもなるのでこのデッキではデスレックスをメインアタッカーにして戦いましょう!!

 

よりたちかぜデッキを強化するには?

 

これ以上の強化となるとやはり餓竜 ギガレックスを投入するのが望ましいです。

 

RRRの餓竜 メガレックスも強いユニットですがこのユニットを入れるとグレード2の枠が苦しくなります。

 

メガレックスは退却させてパワーアップ、武装ゲージを置く効果、手札を増やして退却コストを補う効果の全てを兼ね備えたユニットなので物凄く強いのですが、メガレックスを入れる分何を抜くか悩ましいです。

 

レヴィルステゴを抜くのが手っ取り早いのですがレヴィルステゴを抜くならシャランガステゴまで抜いてしまった方がいいです。

 

この2種は数が少ないと、まとめてパワー上昇の効果を活かすことができないので、ならばデッキから全抜きしてしまった方がいいです。

 

ですが全抜きしてしまうとデッキの空きスペースが大きくなってしまいます。

 

なのでメガレックスを入れるならまとめて4枚購入したいところですがメガレックスの相場は1枚700~1000円と中々高価なので手が出し難いです。

 

サベイジ・レイダーを抜くと武装ゲージをお手軽に置く手段が減るだけでなく武装ゲージを他のユニットに移す手段も減るので武装ゲージを活かし難くなります。

 

ブライトプスは手札を増やす手段であり退却させたいユニットです。退却させるユニットばかり増やしてしまうと退却効果を使い難くなります。

 

最後に

もうお気づきでしょうがたちかぜは現在登場した7クランの中で最も難しいデッキです!

 

これはデッキを作る難しさもありますが、退却させるユニットの管理や武装ゲージの管理などプレイング面の難しさも含まれます。

 

安いデッキレシピを紹介しておいてこんなことを言うのもどうかと思いますが初心者にはトライアルデッキのあるクラン(ロイヤルパラディン、かげろう)からヴァンガードを始めることをオススメします!!

 

たちかぜに興味があるなら3000円デッキから初めてみるのもいいですが、使いこなす自信がなかったり、長く続けられる気がしないなら(たちかぜデッキあるいはヴァンガードそのもの)たちかぜデッキを作るのはオススメしません。

 

ですが、恐竜さんが大好きな人、以前たちかぜデッキを使用していた復帰勢、むしろ難しいデッキを使って試行錯誤するのが好きな人たちはまずは自分の予算内でたちかぜデッキを作ってみましょう。

 

デッキを作るのもデッキを使うのも難しいクランですがその分考える楽しさがあると思います!

 

たちかぜデッキの紹介は以上になります。The Destructive Roar自体が上級者向けなので始めやすいデッキレシピを紹介してもどうしても使いこなすのが難しくなってしまいます。

 

今回は全然締まらないですがこんなデッキレシピでも需要があるかもしれないので記事にしました。

 

この後はスパイクブラザーズのデッキレシピの紹介記事を書く予定ですがスパイクはたちかぜに比べたら使い安い方なのでスパイクブラザーズに興味がある方はしばしお待ちください。

 

スポンサーリンク

 

他のクランのデッキレシピ紹介記事はこちら

結成!チームQ4

www.osozakiraichi.com

メガコロニー

www.osozakiraichi.com

 

スポンサーリンク

Amazon

エクストラブースター The Destructive Roar

トライアルデッキ 先導 アイチ/櫂 トシキ

   

 

ホビー専門店のサイトでヴァンガードのカードやスリーブが購入できます。

 

  キャラ&ホビー格安通販【あみあみ 】

 

フィギュア・プラモなど総合ホビー通販『ホビーサーチ』

 

 

【スポンサーリンク】