三十路手前の失踪者

30歳間近に失踪体験をして現在はニート。FGOのプレイ日記、カードファイト‼ヴァンガードの初心者、復帰勢向けの記事がメイン。ポケカ始めました!

【スポンサーリンク】

【スパイクブラザーズ 4000~10000安いデッキレシピ】三十路手前のヴァンガードデッキ紹介

The Destructive Roar安いデッキレシピ紹介も3回目!今回はスパイクブラザーズのデッキレシピです!!いつもはVRをデッキに入れなくても戦えるようにするのですが…

 

スポンサーリンク

 

どうも、結局ダッドリー・ダンは収録されなかったのでなんか寂しいおそざき らいち(id:osozakiraichiblog)です。

 

ダンがいなくてリメイク前のスパブラとは違う感じになりましたが全列高パワーを維持できるようになったのでこれはこれで強いんですけどね。

 

さて今回はそんな高パワーでアタックして戦うスパイクブラザーズのデッキ紹介していくのですが、私は初心者、復帰勢向けの記事作りを目指しているのでヴァンガードの世界に入りやすいように安いデッキレシピ紹介にこだわってきました!!

 

ですがスパイクブラザーズはVRのザイフリートなしでデッキを組むのが辛すぎます!!

 

安くデッキを作るとなるとThe Destructive Roarのクランはヘルデマイスやシャランガステゴのようにギフトマーカーをマーカーを持たないグレード3のユニットを使ってデッキを作れば安くなるですが…

 

スパイクブラザーズのギフトなしグレード3のユニットがVRのザイフリートがいて輝くユニットなので困っています。
f:id:osozakiraichiblog:20180703153225j:image

ジギスヴァルトはメインフェイズの開始時に自身をソウルに入れて1枚ドローする効果なのでソウルを増やしつつカード消費を抑えているのでソウルチャージ+手札入れ換えとして使っていけます。

 

スパイクブラザーズで次に安いグレード3のカードはユナイト・アタッカーですね。
f:id:osozakiraichiblog:20180703153252j:image

このカードの効果は大量のソウルがないと発動できないのでソウルチャージ要員としては使えます。

 

でも、これだけでは弱すぎます!!

ジギスヴァルトを使うならカウンターチャージや山札の下にカードを戻せる効果も活かせないと採用するメリットが薄くなります。

 

ジギスヴァルトの効果を全て活かすことができるのはザイフリートだけなのです!!
f:id:osozakiraichiblog:20180703153423j:image

そもそもスパイクブラザーズはカウンターブラストをコストにするカードが少なくザイフリート以外だとスパイクバウンサーくらいしかいません。
f:id:osozakiraichiblog:20180703154007j:image

スパイクバウンサーだけならカウンターチャージをしないといけなくなる程コストには困りませんがザイフリートは起動効果は何度も使っていきたいのでカウンターチャージが欲しくなります。

 

デッキの下にカードを戻す効果はジャガーノート・マキシマムなどの同名カードを山札からリアガードに出す効果の対象を加えるために戻したり、トリガーを戻してドライブチェック時にトリガーを捲る確率を上げるために使うものです。

 

これもザイフリートの起動効果で同名ユニットをコールすることで対象のカードとザイフリートのパワー上昇させる際に同名ユニットが山札に残ってないといけませんし、ザイフリートがノーマルユニットを山札から出してデッキをシャッフルするのでトリガー確率アップの役割でも使えます。

 

このように一番安いジギスヴァルトを使いこなすには一番高いザイフリートを使わないといけないのです。

 

救いはザイフリートはThe Destructive RoarのVRでは安い方ということですがそれでも1枚2000円程度はしますが…

 

前置きが大分長くなってしまいましたが今回はザイフリート+ジギスヴァルトのデッキ、ユナイト・アタッカー+ジャガーノート・マキシマムのデッキの2パターンの紹介をします。

 

なのでデッキ作成の初期投資額が他2クランより高くなってしまいますがご了承ください。

 

それではユナイト・アタッカー+ジャガーノート・マキシマムデッキから紹介します。

 

 

4000円以内で作れるスパイクブラザーズデッキレシピ

G3

RR ユナイト・アタッカー×4

RRR ジャガーノート・マキシマム×4

 

G2

R 至宝 ブラックパンサー×4

R ハイスピード・ブラッキー×4

C ボミング・テイルバック×3

 

G1

R 指揮官 ゲイリー・ギャノン×4

R ワンダー・ボーイ×4

C ホワイト・タイトエンド×2

R チアガール・ジェイミー×4(守護者)

 

G0

C メカ・トレーナー×1(FV)

 

C サイレンス・ジョーカー×4(☆)

C ソニック・ブレイカー×4(☆)

C 陽気なリンクス×4(引)

C チアガール・ティアラ×4(治)

価格計算

RRR

ジャガーノート・マキシマム 1枚500円

RR

ユナイト・アタッカー 1枚100円

Rは一律50円 Cは一律20で計算。

合計価格は3840円になりました!!

 

注意

※実際の販売価格ではなくカード販売店の価格を参考につけた仮想の価格です。

※カードの価格は店舗ごとに異なります。

※カードの価格は需要の増加、在庫状況などで同店舗であっても常に変動します。

 

このデッキはジャガーノート・マキシマム、ハイスピード・ブラッキー、ワンダー・ボーイなどのユニットで高パワーアタック+ソウルチャージでユナイト・アタッカーの効果に繋げるデッキです!!
f:id:osozakiraichiblog:20180703154150j:image
f:id:osozakiraichiblog:20180703154213j:image
f:id:osozakiraichiblog:20180703154236j:image

ジャガーノートなどのユニットは登場時パワーを上げメインフェイズの開始時に自身をソウルに置き同名ユニットを山札からコールします。

 

お分かりでしょうが、メインフェイズ開始時に自身をソウルに置くだけならジギスヴァルトよりパワーの高いジャガーノートの方が絶対に強いのです!

 

実際、ヴァンガードの効果に頼らずパワー上昇ができるのは重要で特にジャガーノートは自身の効果だけでパワー23000に到達するのでこのカード1枚だけで相手に15000以上のガード値を要求できます。

 

効果発動までに時間がかかるユナイトの分までアタック面で貢献でき、そのユナイトの効果発動にも貢献できるジャガーノートはこのデッキでは必須カードです!

 

このデッキではリアガードを増やす手段がユナイト・アタッカーの効果しかないのでユナイトの効果を使用するまではできるだけ前列のカードだけでアタックするようにして手札を温存しましょう。

 

手札を増やす手段に乏しいスパブラにとっては手札は貴重なのでむやみに展開してガードに使うユニットがなくらないようにしてユナイトの効果発動まで耐えてください。

 

ですがワンダー・ボーイやゲイリー・ギャノンなどは積極的に出していくこともあります。

 

ワンダー・ボーイは効果でパワー13000に届くので前列で使っていく場合もありますが、ジャガーノートのようにメインフェイズ開始時に自身をソウルに置く効果があるのでユナイトの効果発動を早めるために後列に出すこともあります。

 

ゲイリー・ギャノンの方はブーストしたアタックがヴァンガードにヒットした時に自身をソウルに置いて2枚カードを引くことができるのでヒットしたら手札を減らすことなくソウルを増やせますし、手札に必要なカードを呼び込みやすくします。

 

相手がそれを嫌ってガードしてくる場合でも多少無理して余分にガーディアンを出してくれるなら相手の手札を削っていることになるので一概にこちらが不利になるとは限りません。

 

ここからデッキを強化するには?

ザイフリートがあるならそれに越したことはないのですが手が出せないならまずはスパイクバウンサーを採用しましょう。

 

スパイクバウンサーはスパブラでは貴重なリアガードを増やす手段を持っているので展開力が強くなれます。

こちらは1枚500~600円くらいなのでザイフリートよりはお求め易いです。

 

スポンサーリンク

 

 

こちらはザイフリート+ジギスヴァルトのデッキレシピになります。

10000円以内で作れるスパイクブラザーズデッキレシピ

G3

VR 将軍 ザイフリート×4

C 前線指令 ジギスヴァルト×4

 

G2

R 至宝 ブラックパンサー×4

R ハイスピード・ブラッキー×4

C ボミング・テイルバック×3

 

G1

R 指揮官 ゲイリー・ギャノン×4

R ワンダー・ボーイ×4

C ホワイト・タイトエンド×4

R チアガール・ジェイミー×2(守護者)

 

G0

C メカ・トレーナー×1(FV)

 

C サイレンス・ジョーカー×4(☆)

C ソニック・ブレイカー×4(☆)

RR チアガール・マリリン×2(引)

C 陽気なリンクス×2(引)

C チアガール・ティアラ×4(治)

価格計算

VR

将軍 ザイフリート 1枚2000円

チアガール・マリリン 1枚250円

Rは一律50円 Cは一律20で計算。

合計価格は9920円になりました!!

 

注意

※実際の販売価格ではなくカード販売店の価格を参考につけた仮想の価格です。

※カードの価格は店舗ごとに異なります。

※カードの価格は需要の増加、在庫状況などで同店舗であっても常に変動します。

 

上のデッキからほぼグレード3を入れ換えただけのデッキレシピですがグレード1のホワイト・タイトエンドを4枚にしてある点に注目です。

 

ザイフリートは起動効果で同名カードを山札からコールしますが山札に同名カードがいないといけないので守護者よりもコールする機会のあるタイトエンドは採用枚数増やしました。

 

できれは守護者はトリガーのマリリンにしてしまいたいですが予算の都合で出来ませんでした。

 

採用したユニットの違いは少ないですがグレード3の枠がザイフリートになるだけで戦術は大きく変わります。

 

ザイフリートの効果でコールしたユニットはパワー+10000されるのでどんなユニットでも高パワーアタッカーにすることができます。

 

この効果はカウンターブラストがあれば1ターンに何度も使えるのでザイフリートの両サイドのリアガードが高パワーになりつつザイフリート自身も効果を使った分だけパワー+10000され3列全てが高パワーのアタッカーとして生まれ変わります!

 

ザイフリートがいるだけで強い動きができるようになるのですがこれだけだと弱点が目立ちます。

 

ユナイト・アタッカーの時と違ってリアガード枚数を増やす手段がないので(ザイフリートはリアガードの入れ換え)強化するならスパイクバウンサーは入れて置きたいですね。

 

あと、ジギスヴァルトはザイフリートとの噛み合わせはよいのですがギフトマーカーを持たない点が足を引っ張る場面が出てくると思います。

 

なのでグレード3にライドする前にゲイリー・ギャノンのドローをしてザイフリートを引き込んだり、ファイト前の手札入れ換えの時もジギスヴァルトは全てデッキに戻してGアシストをしてでもザイフリートにライドするなどの工夫は必要です。

 

最後に

プレイングはThe Destructive Roarの3クランの中では一番わかりやすいので初心者や復帰勢にもオススメしやすいのですが、VRカードの依存度がThe Destructive Roarどころか現在登場した7クランの中でVR依存度が一番高いのでオススメしやすいのかわからなくなってしまいました。

(どのクランもVRは強力なので依存度はどこもそれなりに高い)

 

流石に10000円ともなると「安い」デッキとは言い難いのですが、ただ安いだけだと勝つための決め手やそのクラン本来の動きなどがなくなってしまうので今回はこういう形での紹介になりました。

 

とりあえず安いデッキを使って遊んでみたいというならトライアルデッキを買うのがオススメです!

 

トライアルデッキは最初から必要なカードが最低限揃っていて1500円(+税)でデッキが手に入ります。

 

現在はロイヤルパラディンの「先導 アイチ」

かげろうの「櫂 トシキ」の二種類の他に今月(7/20)発売予定のアクアフォース「蒼龍 レオン」があります。

 

これらの中から好きなのを選んでもいいですしThe Destructive Roarの収録カードに気になるカードがあるならそれから初めてみるのもいいでしょう。

 

要するに、好きなカード、気になるカードがあるクランと予算を相談してデッキを選ぼうということです。

 

過去の記事で他のデッキの紹介やThe Destructive Roar収録カードの考察などを書いているのでそちらもデッキ選びの参考にしてください。

 

今後も安いデッキ紹介やカード考察の記事を投稿するので良ければまた私の記事をご覧下さい。では今回はこれで失礼します。

 

ヴァンガード記事リンク

The Destructive Roarの他2クランの安いデッキレシピはこちら

www.osozakiraichi.com

www.osozakiraichi.com

 

今回のスパイクブラザーズや他のクランの考察記事はこちら

www.osozakiraichi.com

 

 

 

www.osozakiraichi.com

www.osozakiraichi.com

 

結成!チームQ4の安いデッキレシピ紹介はこちら 

www.osozakiraichi.com

スポンサーリンク

 

Amazon

  

 

 

 

ホビー専門店のサイトからヴァンガードのカードやスリーブが購入できます。

キャラ&ホビー格安通販【あみあみ 】

 

 フィギュア・プラモなど総合ホビー通販『ホビーサーチ』

【スポンサーリンク】