三十路手前の失踪者

30歳間近に失踪体験をして現在はニート。FGOのプレイ日記、カードファイト‼ヴァンガードの初心者、復帰勢向けの記事がメイン。ポケカ始めました!

【スポンサーリンク】

【メイルストローム 強い!?】三十路手前のヴァンガード考察【アクアフォース編】

リアガードがスタンドして連続アタックを繰り広げるアクアフォース…その動きはノヴァグラッブラーを彷彿とさせますが、はたしてその実力は!?

 

スポンサーリンク

 

どうも、トライアルデッキくらいは発売一週間前にカードリストを公開して欲しいと思うおそざき らいち(id:osozakiraichiblog)です。

 

エクストラブースター第2弾「アジアサーキットの覇者」発売まであとわずか、そして同時発売のトライアルデッキ「蒼龍 レオン」にも注目!

 

今回は両方に収録させるクランアクアフォースの考察をしていきます。

 

 

立ち上がれ、リアガード!スタンド効果で連続アタックをするユニット達。

 

まずはアクアフォースの基本的な動きになるリアガードをスタンドさせて連続アタックをすることが出来るカードからみていきます。

 

潮騒の水将 アルゴス

グレード2 パワー9000 シールド5000

 

自【(V)】:アタックした時、このターン2回目以降のバトルなら、コスト[カウンターブラスト①、ソウルブラスト①]することで、あなたのリアガードを1枚スタンドする。

 

自【(R)】:アタックした時、このターン1回目のバトルなら、コスト[カウンターブラスト①]することで、このユニットをスタンドする。

f:id:osozakiraichiblog:20180715181522j:image

タイダル・アサルト

グレード2 パワー9000 シールド5000

 

自【(R)】ターン1回:アタックした時、コスト[ソウルブラスト①]することで、このユニットをスタンドし、このターン2回目以降のバトルなら、そのターン中、パワー-5000。

f:id:osozakiraichiblog:20180715181604j:image

アルゴスはトライアルデッキ収録、タイダルはブースターのRRRで収録されます。

 

どちらもリアガードにいる自身をスタンドさせる効果を持っていますね。

 

しかしアルゴスは1回目のアタックでしかスタンドできず、タイダルは2回目以降のバトルでもスタンドできますが2回目以降だとパワー-5000のデメリットが痛いです。

 

なのでどちらも1回目にアタックしてスタンドさせるのが主流になりそうですね。

 

アクアフォースはバトルする順番と回数も重要になるので1回目のバトルはアルゴスかタイダルに任せ、2回目ヴァンガード、3回目以降は残りのリアガードでアタックしていくのが基本の回し方だと思います。

 

アクアフォースには3~4回目以降のバトルで発生する効果が強力ですが、1回目のバトルで効果を発揮するユニットは少ないのでこの2種のカードが活躍する場面は多くなるでしょう。

 

タイダルにはヴァンガード時の効果もありますがこちらはコストを使ってリアガードをスタンドさせるものですが個人的にはコストも重いし、リアガードもグレード3になってから展開したいのでこちらの効果はあまり使わないでしょう。

 

ネイブルゲイザー・ドラゴン

グレード3 パワー12000 

イマジナリーギフト アクセル

 

自【(V)】:アタックした時、このターン3回目以降のバトルなら、コスト[カウンターブラスト①]することで、あなたのリアガードを1枚スタンドし、そのバトル中、このユニットのパワー+10000

 

こちらはトライアルデッキ収録のグレード3で、ネイブルゲイザーは自身ではなく他のユニットをスタンドさせることが出来るカードです。

 

スタンドと一緒にパワー上昇効果がありますが上昇するのはヴァンガードのネイブルゲイザーの方なので注意。

 

それ以外は割と使いやすい効果、上の2種がいなくても2回目にネイブルゲイザーがアタックしたら残りのリアガードは3回目以降のバトル時に発生する効果を狙いやすくなります。

 

逆に上の2種がいる場合は自身の効果でスタンドするのでネイブルゲイザーは3回目にバトルするか、2回目にバトルして先にスタンドしたリアガードの後列のユニットをスタンドさせるのがいいでしょう。

 

ここでネイブルゲイザーと相性のいいユニットを紹介します。

 

発光信号のペンギン兵

グレード1 パワー8000 シールド10000

 

起【(R)】:コスト[このユニットをレストする]ことで、そのターン中、このユニットと同じ縦列にいるあなたのユニット1枚のパワー+5000

 

自【(R)】あなたの他のユニットがアタックした時、このターン4回目のバトルなら、コスト[このユニットを退却させる]ことで、カウンターチャージ①

上の効果は一見レストさせてパワー+5000なら普通にブーストした方がいいようにみえますがスタンドして2回アタックするなら全体的なパワーは効果を使った方が高くなります。

 

それにアルゴスやタイダルの後ろにいてヴァンガードがネイブルゲイザーなら…

 

  1. アルゴスorタイダルがパワー14000でアタックして自身の効果でスタンド。
  2. ネイブルゲイザーでアタック、そのバトル中ネイブルゲイザーはパワー22000でアタック、ペンギン兵は効果でスタンド。
  3. アルゴスorタイダルがペンギン兵のブーストでパワー22000でアタック。

 

このように高いパワーを維持して連続アタックすることも可能です!

 

下の効果は自身を退却させてしまうのですがカウンターチャージが出来るので次のターンもネイブルゲイザーで連続アタックをするコストを賄えます。

 

スポンサーリンク

 

蒼嵐艦隊の先導者!仲間を強化してからスタンドで更なるアタック!?蒼嵐竜メイルストローム!!

 

いよいよアジアサーキットの覇者の看板ユニットのVRカード蒼嵐竜 メイルストロームをみていきましょう!

 

蒼嵐竜 メイルストローム

グレード3 パワー12000 

イマジナリーギフト アクセル

 

起【(V)】ターン1回:コスト[カウンターブラスト①]することで、そのターン中、あなたの前列にいるユニットすべてのパワー+3000。

 

自【(V)】ターン1回:あなたのリアガードのアタックがヴァンガードにヒットした時、このターン3回目か4回目のバトルなら、コスト[手札を2枚捨てる]ことで、このユニットをスタンドする。

f:id:osozakiraichiblog:20180715181933j:image

上の前列強化は使いやすい効果ですね。

連続アタックしようにも微妙にパワーが足りない時に便利ですがフォース相手にはパワーがもう1000欲しいのはご愛嬌、そこは他のユニットの効果でカバーしましょう。

 

注目したいのは下の効果です。

なんとヴァンガードがスタンドする効果を持っています!!

 

発動条件は3~4回目のリアガードのアタックがヒットした時と能動的には発動できませんが逆を言えば相手は3~4回目のアタックをなにがなんでもガードしないといけなくなります!!

 

私は相手にガードを強制させる効果は高く評価していて特にメイルストロームの強いところはそれが2回のアタックに付与できることです。

 

ヴァンガードがスタンドして連続アタックするのはとても強力なのは相手も知っているでしょう。

 

それを止めるために相手はガードしたくない場面でもガードしないといけなくなります。

 

次のターン展開するためのカードを使わせることもできますし、あえてダメージを受けてカウンターブラストを得たい時でもガードを優先することもあるでしょう。

 

この点を利用して序盤は1回目のリアガード、2回目のメイルストロームはあえて相手のリアガードにアタックして3回目以降のバトルから相手ヴァンガードにアタックすることで相手を苦しめることが出来ます。

 

終盤は全てのバトルを相手ヴァンガードにアタックする方がいい場面も多いですがアクアフォースの連続アタックを活かして1回目はインターセプトを潰すためにリアガードにアタックしても相手を追い詰めるための攻撃回数は十分にあります。

 

メイルストロームの効果は強力ですがその後のリアガードのパワーが低いと簡単に防がれてしまうのでパワーの高いユニットがあるといいですね。

 

ここで高パワーが出せるユニットも紹介しましょう!

 

ストームライダー バシル

グレード2 パワー9000 シールド5000

 

自【(V)】:ヴァンガードにアタックした時、このターン3回目以降のバトルなら、コスト[カウンターブラスト①]することで、そのバトル中、このユニットのパワー+5000、このターン4回目以降のバトルなら、+5000のかわりに+10000。

f:id:osozakiraichiblog:20180715182216j:image

リップタイド・ドラゴン

グレード3 パワー12000

イマジナリーギフト なし

 

永【(R)】:このユニットは4回目以降のバトルでのみアタックできる。

 

自【(R)】:アタックした時、そのバトル中、このユニットのパワー+20000。

f:id:osozakiraichiblog:20180715182234j:image

どちらもブースター収録ですがレアリティはCなので集めやすいです。

 

まずバシルはカウンターブラスト①でパワー上昇できる効果で3回目ならパワー14000、4回目以降なら19000まで伸び、アクセルサークルや後列のブーストがあれば高パワーアタックが可能。

 

しかしカウンターブラストはメイルストローム等の効果でも使いどころには注意。

 

リップタイドはギフトのないグレード3で4回目以降のアタックからしかバトルできないなどデメリットが目立ちますがその分パワーはとても高く、このカードのみでパワー32000に達するのはデッキ採用の価値は十分!

 

カウンターブラストも要らないのでアタックするユニットさえ揃えばコストを気にせず毎ターン高パワーを出せます。

 

まとめ

まだまだ優秀なユニットもいますがカード紹介はここまで。

 

ここからはアクアフォースの気になるポイントをまとめていきます。

 

いきなりアクアフォースの弱いところから触れていくと手札やリアガードを増やす手段がないのが辛いと思います!

 

まだアジアサーキットの覇者の収録カードが全て判明していませんが今のところそれがないので不安ですね。

 

アクアフォースは特性上、リアガードを多く展開していかないといけませんが、それをサポートする手段がないとアタックも思うようにいきません。

 

スパイクブラザーズのように少ない手札からも高パワーを出せるクランでもないですし、たちかぜのように展開しつつも手札を補充するのにも長けてないので勝率は安定しないかもしれません。

 

ドロートリガーを多めにして、フォローするのも手ですがクリティカルやフロントトリガーも入れたいので悩ましいです。

 

手札は増やせませんがその分連続アタックが強力なところはノヴァグラッブラーに似ていますが序盤から動きやすいので相手の準備が整ってない内から連続アタックをすることで短いターンで勝利することもあるでしょう。

 

このまま手札やリアガードを増やす手段がないなら速攻でファイトを終わらせるデッキとプレイングに寄せた方が良さそうです。

 

総評

  • 速攻は全クランの中でも随一。
  • パワーを上げる手段とバトル数を増やす手段も多い。
  • アドバンテージを稼ぐ手段がない(手札やリアガードを増やす手段がない)

 

ざっとまとめるとこんな感じです、あとは攻撃の順番などが難しい感じがしますが、トライアルデッキも販売されるので低予算で始めやすそうなのはいいですね。

 

 

トライアルデッキ「蒼龍 レオン」、エクストラブースター「アジアサーキットの覇者」の発売も7/20(金)と残り一週間もありません!

 

これでスタンダード環境で戦えるクランが10クランになるのでファイトに新たな風が吹きそうな予感がします!!

 

アジアサーキットの覇者収録クランは発売後安いデッキレシピ紹介記事も投稿予定なのでそちらもお楽しみに!それではまた。

 

アジアサーキットの覇者収録の他クラン考察はこちら

グランブルー編

www.osozakiraichi.com

www.osozakiraichi.com

 ディメンジョンポリス編www.osozakiraichi.com

 

スポンサーリンク

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

駿河屋でトライアルデッキを予約すると今なら20%OFF!

予約トレカカードファイト!!ヴァンガード トライアルデッキ第3弾 蒼龍レオン [VG-V-TD03]

 

駿河屋ならアジアサーキットの覇者も今なら20%OFF!

予約トレカ【ボックス】カードファイト!!ヴァンガード エクストラブースター第2弾 アジアサーキットの覇者 [VG-V-EB02]

 

 

Amazonからの購入はこちら

 

 

ホビー専門店からヴァンガードの商品を購入するならこちら

 

キャラ&ホビー格安通販【あみあみ 】

 

フィギュア・プラモなど総合ホビー通販『ホビーサーチ』

 

 

【スポンサーリンク】